LINEを使ったレッスンの勧め

生徒さんの中にはLINEをご利用の方も多いかと思います。
LINEなんて怖くて使えないよとおっしゃる方も多いかもしれませんが、使い方さえ間違わなければとても便利なツールですよ。

あまり知られていないのが、LINEが音楽を簡単にシェアできる機能です。
(昨年始まったサービス、LINEミュージックとは別物です。)

2通りの方法があるようです。

①スマホだけでやる場合
LINEMP3というアプリをインストールする
このアプリはカメラで録音した音声をLINEに送信出来ます。
スマホでレッスン、又は見本演奏などを録音し、その場で相手のLINEに送る事が出来ます。
このアプリは「カメラで録音」「フォトライブラリのファイルを送信」の2つしか選択出来ません。
レッスン、模範演奏などをスマホで録画し、即座にLINEMP3で送信出来ます。
このアプリが他のソース(たとえばDropbox等)を選択出来るようになると、別のアプリ(GarageBandなど)で作った音楽も送信出来るのですが、今のところ未対応です。

LINEmp3の場合の容量制限
(オーディオファイル:mp3 / m4a(iTunes)/ wma(Windows media player)最大15MBまで動画ファイル:mp4 / flv 最大100MBまで)

 

②パソコンを使う場合
GarageBandなどの録音アプリで録音したレッスン又は見本演奏データを自分にメール送信、又は一旦Dropbox等に保存しておき、そのファイルをパソコンで開いて、パソコンのLINEで相手のLINEにドロップするだけ。
どのくらいのサイズまでOKなのかは(1GまでOKという記事がありましたが)不明ですが、これでも相手にすぐ届きます。

【line】,【音楽を共有】という検索ワードで調べてみても、パソコン版LINEで音楽をシェアするという記事がほとんど見つかりませんでした。果たして知られていないのか、それとも周知の事実なのか??パソコン版LINEを使う人は少ないのでしょうか??

受信者はそのファイルをKeepすることで自分のスマホに保存出来、いつでも再生出来ます。

このような方法で、とてもイージーに、しかも、圧縮はされますが、そこそこの品質のサウンドデータが簡単にやりとりできますので、是非試してみて下さい。
現在一部の方々(生徒さん)と、この方法でやりとりを実験中ですが、とてもうまくいっています。

カテゴリー: ギター教室, クラシックギター, ハウツー, レッスン, 長府ギタースクール タグ: , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください