録音、ヘッドフォン練習の勧め

練習時に録音するという方法は昔から行われています。
とても効果があるとはわかってはいても、自分の演奏を聴くとがっかりしてしまって、自信喪失してしまうと言うこともあるかもしれませんね。でもトライしてみる価値は十分あります。
どちらにせよ簡単に出来ないと気軽にやってみる気にはなりません。
私はPCMレコーダーを利用していて、これはとても簡単に出来ます。マルチトラックの多重録音も簡単に出来るので、一人アンサンブルの録音もOK。
練習場所のマイクスタンドに取り付けておいて、ヘッドフォンでモニタしながら練習しています。
歌手がレコーディングするときにモニタヘッドフォンを頭にかぶって録音している様子を見られた事があると思いますが、それと同じです。
ヘッドフォンから細かいニュアンスもプレイバックされるので、爪の雑音等も除去出来ます。
ICレコーダーなどの録音機器を購入されるとしたら、ヘッドフォンないしはイアフォンでモニタ出来る機種を選ばれるといいと思います。録音したものを後で聞いて勉強するより、ライブでモニタした方が早く、よりよい結果が得られます。

最近のスマホでも似たような事が出来そうです。
試してみたのはiphoneですが、今は無料になったGarageBandをインストールしておき、AUDIO RECORDERを選びます。モニタをONにすれば、iPhoneで拾った音がイアフォンからモニタ出来ます。
その際COMPRESSORなどのオプションはゼロに設定しておきましょう。
でないと、作られた音になってしまって、生音がモニタ出来ません。
いい演奏が出来たら録音してみるといいと思います。

英語などの勉強方法に、このプレイバック方法が以前より取り入れられていて、そのような製品も販売されています。自分の発音をヘッドフォンでプレイバック(又は録音)する方法です。

保存

市販のICキオークマンという製品

保存

保存

カテゴリー: ギタリスト, クラシックギター, ハウツー, レッスン, 塩田勝規, 技術, 演奏, 長府ギタースクール タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください