ギター支持具のお話

最も利用者が多いと思われる足台。一番安価です。これは下半身が左右非対称になるので自然な座位でなくなると思われますのであまりお勧めしません。又、椅子が必須となります。右利き左利きは無関係に使えます。

その次にユーザーが多いのはねじ止めタイプのギターレストでしょうか。
安定性は抜群ですが、支持棒の長さなどは個々に合わせて後で買い直す必要があります。悪い点はデザイン。ねじも蝶ねじで、金属むき出しです。それと、耐久性があまり良くありません。数年で膝当ての裏が剥がれますので滑り止めが必要になります。又、うまく装着できなくなりますので買い換えが発生します。左利き用はありません。いい姿勢ではないのでお勧めは出来ませんが、椅子に座らなくともギターの角度はなんとかなります。(こたつギターも出来る)

最近出たギターリフトはお勧めです。デザイン(特にクリアタイプは遠くから見ると見えません)、構えたときの一体感は抜群です。
ギターレストよりやや重い感じはしますが、右利き左利き共に使えます。(吸盤を裏に付ける…ロゴは逆になりますが)こたつギターも出来ます。
欠点はお値段が高いこと。耐久性はこれから検証ですが、恐らく吸盤は劣化するでしょうから買い換えになると思います。

カテゴリー: ギターリフト, ギター教室, クラシックギター, ハウツー, レッスン, 塩田勝規, 技術, 演奏, 長府ギタースクール タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください